ホーム > 照度計色計 > 入射光主体デジタル露出計/WPL-358
入射光主体デジタル露出計/WPL-358
入射光主体デジタル露出計/WPL-358
新機能満載、入射光主体デジタルタイプ
●分離測光システムを搭載
一回の測定でフラッシュ光と定常光の割合を表示します。それをもとにフラッシュ光と定常光の割合を作画意図に合わせて調整することが出来ます(シャッター速度を低速にして割合を変える方法もその一つです)。
●1°、5°、10°の三種類のNPファインダー(別売)装着可能。
受光角1°、5°、10°の3種類を選ぶことが出来ます。パララックスがないため、狙い通りの選定が出来ます。
●絞り優先モードでもメモリー表示可能
露出計で初めて絞り優先モード時にシャッター速度のメモリーとメモリー表示が出来ます(2~1/4000秒)。またシャッター速度でのメモリーとメモリー表示も可能です。
●メモリーとメモリー表示が9点まで可能
●シャッター速度と絞り値が1/2または1/3ステップで設定可能。
1/2または1/3ステップで設定可能なカメラの特長を活かせます。
商品詳細はこちら

QRCODE